発達障害に含まれるもの

叫ぶ子供

発達障害として認識が薄い症状の中に「トゥレット症候群」と「吃音」があります。トゥレット症候群は特に耳慣れないという人もいるでしょうが、発達障害に含まれているのです。トゥレット症候群は6歳~8歳頃に発症してしまうとされており、遅くても14歳までには症状が表面化してきます。トゥレット症候群は脳の機能が未発達で起こるのですが、主な症状が「チック」と呼ばれるものです。肩をすくめたり、顔をしかめたりなどの単純な運動性チックもあれば、叫んだり咳払いを繰り返すなどの音声チックもあります。匂いを嗅いだりなどの行動に意味を持たない複雑化した運動性チックもあれば、単語を延々と繰り返したり、汚い言葉や猥褻な言葉を叫ぶ複雑性の音声チックもあります。体質的な問題やストレスもチックの原因になると考えられているため、同じような行動をしてしまうトゥレット症候群は見つかりにくいという特徴がありました。親が一方的に悪いという風潮が広まっていた時期もありますが、トゥレット症候群は脳内にあるドーパミンが過剰に活動することで引き起こされていることが分かっています。最初はまばたきの回数が多かったり、首を前後左右に振ったりするなどの単純な症状です。しかし、単純な運動性から音声、複雑性に徐々にエスカレートしていくでしょう。

トゥレット症候群はその他の障害を併発してしまう可能性が高いとされています。注意欠陥多動性障害は併発することが多い部類に入る障害です。トゥレット症候群はドーパミンが原因で起こるため神経遮断薬を服用することで症状を抑えることができます。また、吃音は比較的身近に感じることができる症状でしょう。外的損傷やストレスなどが原因となって後天的吃音症を発症する場合もあるためです。吃音症は2歳~5歳の幼児期に発症し、国や言語に発症リスクが比例することはありません。どもる、とされる話し方になってしまう障害です。発達性吃音症が一番多く、自然と症状が緩和していくとされていますが、大人になってから症状が酷くなってしまうこともあり、仕事や学校生活で悩みを抱えている人も少なくありません。発達性吃音症の場合、症状は幼児期から出始めるのですが、周りが気付くことが無かったり、自覚することがないことも要因となり吃音の固定化を進めてしまいます。話せないことが精神的なストレスとなり、二次的に健康被害を引き起こしてしまう可能性も十分にあるため、カウンセリングなどで心の負担を軽くするなどの対策を講じることも大切です。