知ることで、未来へと繋がる。

ピックアップ

広汎性発達障害の特徴

泣く少女

発達障害の症状には様々なものがありますが、広汎性発達障害に含まれる自閉症やアスペルガー症候群はよく知られているでしょう。似たような症状ですが、各々に違いや特徴が見られます。

More...

落ち着きがない原因を探す

集団行動する子供

発達障害の中には注意欠陥多動性障害と呼ばれるものがあります。集中力が無く、じっとしていることができません。思考よりも身体が先に動いてしまうため、目を離してしまうと不注意から怪我をしてしまう危険性が高いのです。

More...

発達障害に含まれるもの

叫ぶ子供

脳内のドーパミンによってチック症状が引き起こるトゥレット症候群や、発達性吃音症は発達障害の中に含まれています。精神的なストレスや負担を感じやすいため、カウンセリングなどでケアを行なうことも大切です。

More...

サインを見過ごすな

子供を抱く母親

発達障害は子供の内に判断することができます。知っておくことで早い段階から子供との付き合い方を考えることができますし、子供にとって最善の方法を模索し一緒に乗り越えていくことができるでしょう。

More...

脳の成長のためできること

傘を差す子供

発達障害と呼ばれる症状がありますが、脳の成長が関係している生まれつきの障害です。発達障害の人は円満な人間関係を築くことを不得意としており、コミュニケーション能力が低い傾向にあります。我儘を言って周囲を困らせたり、奇声を発したりすることで変わった人だと認識されてしまうことが多々あります。子供の場合、障害に関係なく変なことや悪戯をして周囲を困らせる言動を取りやすいため、発達障害であるという認識が遅れてしまうこともあります。親のしつけや教育が悪いのでは、と考えてしまう人も多いため、発達障害の子供を持つ親は精神的な負担を感じてしまいやすいです。脳の発達が原因で引き起こされていると多くの人が理解し、関心を示すことが求められています。発達障害と大きく枠組みをしても、症状にはそれぞれに違いがあります。「自閉症」や「アスペルガー症候群」は広汎性発達障害という枠に入るのですが、この二つにも症状には違いがあります。言葉に関することや行動など、似通った部分もありますが違います。また、注意欠陥多動性障害(AD・HD)や学習障害(LD)、トゥレット症候群や吃音症なども発達障害に含まれています。

自閉症やアスペルガー症候群が含まれる広汎性発達障害は、コミュニケーション能力や社会性に関連している障害です。人と話すことに苦手意識があり、パターン化した行動を取ります。自閉症の場合、言語発達が著しく遅く、3歳までに症状が現れ出すことが多いのですが、アスペルガー症候群は言語の発達自体には問題が無いため、障害であると判断することが遅くなってしまいます。また、注意欠陥多動性障害は集中力の欠如や衝動的な行動が特徴です。7歳以前に現れる症状ですが、年齢が上がり思春期になる頃には症状自体は落ち着きをみせます。学習障害は名前の通り、学習に関すること(読み書きや計算など)がスムーズに行なうことができません。一重に発達障害と言っても色々な種類があるのです。しかし、発達障害は治療で治ると言われています。少なくても症状を緩和することができる治療方法が存在しており、専門のクリニックも登場しています。大人になってからも症状が残ってしまう可能性は高いため、早い内に治療を始めることが大切です。症状には個人差があるため比較しても意味はありません。症状が軽いからと障害のサインを見落としてしまう人も少なくはないのです。幼児の段階で症状が現れることも多いため、早めに判断して成長を促せるように環境を整えてあげることも大切なのです。